自然と身(み)

Posted コメントするカテゴリー: 日々のこと

海の近い我が家では台風一過は家中に水まきすることからはじまります。
先日の台風も塩害の影響が強くて、家の窓も車も塩でベタベタでした。

家屋が壊れる被害はなかったものの、畑のダメージは深刻です。
植え付けしたばかりの秋冬野菜の苗は全滅
ブルーベリーは散水もむなしく、葉が一瞬で茶色くなってしまいました。
幸い枯れてはいないので、また春に芽をだしてくれることを祈ります。

内陸の農家さんにも被害が出たようで、秋冬野菜の植え直しがあったり
はざ掛け(お米の天日干し)をやり直すところも多かったようです。
自然豊かなこの土地は、恵みが多い分だけ自然からの害も受けます。
快適に暮らすためには、自然との折り合いが必要です。


移住したての頃は、そんな折り合いの工夫がわかりませんでした。
そこで、地元農家さんに畑のこと、暮らしのことを色々質問するのですが
理由を尋ねても「昔からそうだ」と言われることが多かったのです。
長年の暮らしのなかで体感的に身についたものなんでしょう。
外から知ろうとする者にとっては職人技を見て盗むような心境です。

はじめは頭で考えようとして、理解できないことがありましたが
最近は自分の頭と身体もだいぶ農的になってきたように感じます。
ある時、昔からの農法・家づくり・人の考えに共通するものに気づきました。
それは、自然と戦わない、むしろ負けてもよしとする考えです。
勝ち負けというより、もともと一つのものという考え方なのかもしれません。


一方で現代の暮らしは、自然と戦う考えが強いように感じます。
科学技術が発達して、昔では考えられなかった事が実現できるようになり
戦って勝つという考え方が当たり前になっているのかもしれません。

最近の気候変動や自然災害の報道を見ていると
あらためて自然と正面から戦うには相当な力がいるんだと感じます。
自然の力が予想を超えたり、力負けしてしまった時のことを考えると
勝つことの前提は成り立たなくなるのかもしれません。

今さら昔暮らしに戻ることは難しいし、得た技術を捨てる必要もないけど
今に合わせて上手く負ける発想を取り入れていきたいと思いました。

赤ちゃんという自然

Posted コメントするカテゴリー: 日々のこと

6月9日、朝5時に我が家に新しい家族が誕生しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出産日のことを書き記しますので良かったら読んでください↓

 

長女と同様に助産院での自然分娩で出産
事前に「二番目は生まれるの早いよ~」「早めに移動しないと産院に着く前に車で出てきちゃうかもよ!」
なんて話を聞いていて、いつその時が来てもいいように出産&入院の準備を整えていたのでした。

そして6月8日の朝、妻からの「おしるしが来たかも~」

自分「そっかー」
妻「いよいよかな~」
自分「じゃあ陣痛来たら出かけようかー」

二人目ともなると余裕が生まれるのか
不思議と緊張感みたいなものはありませんでした。
むかし読んだ本に
「医療が発展した日本では出産が病気と同じになった」
「もともとは人は家のなかで生まれ、家のなかで死ぬものだった」
と書かれていたことを思い出しました。
一度自然分娩を経験して我が家でも命の誕生が日常に近い感覚になったのかもしれません。

そんなこんなで、忙しくなる前にしておきたかった庭仕事をしていると

お昼過ぎに「破水したー!」

いよいよということで産院へ出かける支度をするのですが...
そんな状況でも、普段のお出かけ前のように妻は歯磨き、仕事上がりの喉を潤す自分、そしてゼリーをむさぼる娘というシュチュエーション
たまたま居合わせた友人が滑稽だと写真を撮っていました(笑)

 

夕方産院に到着し、助産師さんと打ち合わせ
前回の出産のこと、現在の陣痛状況、今日の潮の満ち引きを踏まえて作戦会議(自然分娩では月の周期や、潮の満ち引きのタイミングに影響をうけるケースが多いようです)
決戦を今晩夜中と決め、戦前に腹ごしらえをすることにしました。
飲食店には迷惑がかかるので、お弁当を買って海辺の駐車場に車を止めて海を眺めながらボーっと食事
時折来る陣痛に箸を止めて「ウー」っと唸る妻、「やっぱりお店に行かなくてよかったね。」「この状況店員さんびっくりするでしょ~」
そんなやり取りをしているうちに、だんだんと陣痛の感覚が短くなったので急いで産院に戻ることに

産院にもどるとすぐに生まれる...と思ったのですが、そうはいかないのが自然分娩
一つ目の波を逃してしまいました。
一人目の経験があるので、長期戦を覚悟し、波に乗るためにアレコレ格闘
バランスボールに乗ったり、歩き回ったり、時には横になって寝て休息をとったり
医療のスケジュールに合わせるのでなく、出来るだけ自然なお産をサポートしてくれる環境なので
赤ちゃんと対話しながら、今回もゆっくりじっくりなお産になりました。

そして、次の日の早朝
来ましたビッグウェーブ!
一度の波に乗るとあとは早いはやい
あっという間に出てきてくれました。
長女と同じ時間帯
どうやら、うちの子達は徹夜明けの早朝出産が好きなようです。

今回も自分たちの選択で、あえて医療の介入しないお産をして感じたのは
赤ちゃんは生むのではなく、生まれるのだということ
もともと自然というものを持ち合わせているんだということ
小さなからだは、抱きかかえると大人以上のエネルギーを感じます。
これからも新しい家族とともに、我が家を宜しくお願いします!

旬の野菜と畑仕事

Posted コメントするカテゴリー: 日々のこと

最近明らかに湿度が増してきてます。
今日もどんより曇り空
こんな日は少し動くだけでも汗がダラダラ
とは言え梅雨入り前にやっておきたい作業があるので畑にいってきました。


春に地植えしたブルーベリー
一時は水不足で瀕死状態になりましたが、なんとか根付いてくれた様子
まずはブルーベリー区画を草刈りして油粕をパラパラと
油粕は雨によって地中に浸透してブルーベリーの栄養になります。
地面に這つく草はそのまま残して、黄色い花を楽しむことにしました。


続いて夏野菜のお手入れ
成長してきたトマトときゅうり、誘引してわき芽を取ります。
基本わが家は露地で野菜を育てているので、毎年トマトの出来はこの時期の雨量に左右されます。
去年は雨が少なくトマトにはいい気候でしたが、今年はどうでしょうか?


そして、作業の終わりにはその日食べる野菜を収穫
今はたまねぎ、じゃがいも、ズッキーニが旬として食卓に並んでいきます。
小さいじゃがいもは皮つきのまま甘辛く炒めて食べるのがわが家の定番です。

[イベント報告]色とりどりの鯉のぼりが羽ばたいた

Posted コメントするカテゴリー: イベント

アップが遅くなりましたが、5月4日にmicono fiber artさんと共同企画したアートフレームWSを開催しました。


大人も子どもも作品づくりに没頭


自分の感性で水引を思いのままに並べていきます。


AWA家具さんのおしゃれな手作りフレーム、気に入った作品は購入して作品と合わせます。


出来上がった作品たち、たくさんの鯉のぼりが羽ばたいていきました。

二十四節気とからだケア~立夏(りっか)~

Posted コメントするカテゴリー: コラム

二十四節気とからだケア
二十四節気とは、明治初期まで使われていた太陽暦をもとに、1年を24分割した季節の指標のこと。
今のように気象予報など科学が発展してない時代、天候に左右される農作業の目安として便利なものでした。
農だけでなく、からだを保つための養生の知恵なども内包されています。
現代にも生かせるものも多いので、からだケアの観点から、時々書き綴っていきます。

 

5月6日は夏が立つと書いて「立夏」暦の上では夏のはじまり

この時期は「蛙初鳴」読んで字のごとく、カエルがはじめて鳴く時節とも言われるタイミングです。
確かに、何日か前からカエルの鳴き声が聞こえるようになった様に感じます。
移住後はじめて住んだ家は目の前が田んぼという環境だったので、カエルの鳴き声をBGMとして生活していました。
家の窓や壁、そこかしこにカエルがくっついて、トイレで用を足す時もカエルに見守られてた事を思い出しました。

食養の旬はフキと苺、塩分を控え、適度の水分を補給し、心の気を養う

立夏は心の季節と言われるそうです。心、つまり心臓に重きを置き、心を静めるように調節すべき時節とされています。
そしてこの時期の食養生で旬のされるのが、フキと苺です。
フキの苦味の成分にはカリウムやポリフェノール類が含まれて、塩分排出を助け、新陳代謝を促してくれます。我が家にもたくさん生えていますが、食べるのに手間がかかるので毎日は食べれません。塩分を控え、心臓に負担をかけないように気をつけたいと思います。
苺はというと娘が大好きで毎日摘み取りをしています。需要供給はばっちり。暑い昼間に外遊びをした時の水分補給には身体の熱を冷ましてくれる苺はもってこいです。環境負荷をかけて旬を前倒しするよりは、旬な時期に味わったほうが身体のためにいいんだろうとつくづく感じます。
この時期日中は暑いですが夜は冷え込むので、からだを冷やし過ぎないよう苺もほどほどにして、夜は適度服を重ねて風邪予防をしていきましょう!

 

 

 

 

[参加者募集]鯉のぼりの水引フレーム(2018年5月4日)

Posted コメントするカテゴリー: お知らせ

友人の水引作家さんをお呼びして、鯉のぼりのアートフレーム作りを企画しました。
親子で作ればいい思い出になるし、贈り物としてもオススメです。

水引を自分の感性で選び並べるだけ
簡単で、かつ、個性が出て、しかもちゃんと可愛く仕上り飾れるを目指したデザイン

お子様の名入れもできます♪

ポストカード用フレームをお持ちの方はご持参ください。

当日はAWA2017製ウッドフレームもご用意。
保護者同伴、年齢制限なし

【日時】2018年5月4日(金)10:00-12:00

【場所】土の環 千葉県館山市大神宮656

【料金】3000円(フレーム購入の方は別料金)

【申込】みこの info@micono.link まで

講師:micono Fiber art 代表 みこの フレーム製作:AWA2017

[イベント報告]新たなワラーチストの誕生

Posted コメントするカテゴリー: イベント

4月22日に開催したワラーチづくりWSで6名のワラーチストが誕生しました。

お好みのシートと紐を選んでオリジナルの組み合わせを作ります。

みんなでおしゃべりしながらの作業、制作へのこだわりも人それぞれ

出来上がった自分だけの一足でワラーチサークル

ワラーチの環が少しずつ広まるといいな♪

ワラーチはもともとメキシコのララムリという走る山岳民族のランニングサンダルが発祥ですが、この履物はむしろ走る習慣のない人にこそオススメ
現代は身体を使う機会が極端に少なく、座る・立つ・歩くといった日常の動き、日常の所作が失われてきているように感じからです。
ワラーチは自分の感覚・自分自身の身体性を取り戻すためには、とてもイイです。
今回参加して下った方にも、感性を取り戻し、日々のなかで身体を養うための相棒として、日常にランニングに活用していって欲しいなと思います。

二十四節気とからだケア~穀雨(こくう)~

Posted コメントするカテゴリー: コラム

二十四節気とからだケア
二十四節気とは、明治初期まで使われていた太陽暦をもとに、1年を24分割した季節の指標のこと。
今のように気象予報など科学が発展してない時代、天候に左右される農作業の目安として便利なものでした。
農だけでなく、からだを保つための養生の知恵なども内包されています。
現代にも生かせるものも多いので、からだケアの観点から、時々書き綴っていきます。

4月20日は暦で定められた二十四節気の「穀雨」のはじまり

穀雨とは立夏(立夏)5月4日頃までの時節をいい、この時期に降る雨は「百穀春雨(ひゃっこくはるさめ)」と言うそうです。
古くから種まきや田植えなど農作業をはじめる目安とされていて、植物の成長を助ける恵の雨になります。

今では用水が発達して潅水設備が整っているので、水不足に悩まされる状況も減ってきているとはいえ、我が家では水場のない畑も多く天水に頼る環境では待ちに待った時期です。
成長した苗を少しずつ畑に定植していってます。
雑草も成長が早くなったので、これから毎週草刈りに追われる生活が始まります。そんな雑草もブルーベリの株元に雑草マルチとしての大切な役割をもっています。
虫たちも活気づいてきました。子供に人気のてんとう虫は害虫を食べてくれる畑の大切な用心棒です。

 

農作業には欠かせないこの時期もからだにとっては不調の兆し!?

雨が降るということは、言い換えれば低気圧が続くということにもなります。
低気圧はからだにどんな影響を与えるかといえば、浮腫が発生しやすくなります。
ホルモン分泌や自律神経の変化なども影響するので、一言では言い切れませんが、低気圧の影響で血管が拡張して、神経を刺激し、「頭痛」「からだがだるい」といった症状を引き起こすことがあります。
東洋医学的に考えれば「水毒」と言えます。

原因もさまざまなので、養生のしかたもいろいろ考えられるでしょうが、「冷たいものを避ける」「適度にからだを動かして循環を保つ」というのは間違いないことなんでしょうね。
蒸し暑くなると、冷たいスパークリングウォーター、ビールに誘惑が強くなりますが、適度に楽しみましょう。

[参加者募集]ワラーチサンダルづくり(2018年4月22日)

Posted コメントするカテゴリー: お知らせ

 

「ワラーチサンダルとは?」

メキシコの山岳民族・タラウマラのランニングサンダルに由来する
ゴム製のソールに紐を通すだけのシンプルなサンダルです。
靴に守られたことで低下してしまったカラダ(特に足)の機能を取り戻すという発想
ランニング愛好家のなかで注目を集めたベアフットランニングの必須アイテム
ランナーに限らず、これからの時期の普段履きとして普通のサンダルにはない解放感を是非感じてほしいです。
裸足感覚を養うことは大人だけでなく、小さいお子様の発育にもおすすめです。

【日時】
2018年4月22日(日)
13:00~15:00 (ワラーチづくり)    ※終了時間は目安です。参加人数や製作スピードにより前後します。
15:00~16:00 (フットケアクリニック) ※希望者のみ。ワラーチを履くときの注意点と簡単な足のケアをご紹介

【内容】
今回はビブラムシート、パラコードを使用し、man3DALsというやり方で製作していきます。

【料金】
ワラーチ製作   ¥4000(大人サイズ20cm以上) ¥3000(子どもサイズ19cm以下)
フットケアクリニック ¥500(希望者のみ)

【申込】
はじめての方は「お問い合わせ」からご連絡ください

健康は足もとから

Posted コメントするカテゴリー: からだのこと

私たちは日常で歩いたり走ったりの動作を何気なく行っています。
しかし歩き始めたばかりの子どもを見ていると、日常の何気ない動作も幼いころからの積み重ねで成り立っているということに気づかされます。
子どもの成長の過程での一大イベントである「2本足で歩く」という行動もそれまでの運動経験の蓄積があるもの
そして立つことが出来ることでそれまでと大きく変わるのは足裏が地面に着くということ。
当たり前のことのようですが、これがとても重要なことです。

足裏の感覚

足裏は単に体重を支えるためのものではなく、触覚や圧覚といった感覚器官が集中している部分でもあります。
「もしこの感覚器官が無くなってしまったら?」どんなに筋力が発達した大人でも立つことができないでしょう。
たいていの子どもは素足を好みますよね!?うちの子どもも裸足が好きで砂利道も平気で歩きたがります。親としては怪我をさせたくない思いで裸足になることを止めがちです。
もしかしたら子どもは足裏の重要性を本能的に理解していて、せっかく掴んだ感覚を閉ざしたくないという気持ちなのかもしれません。
そんな難しいことではなく、「単純に気持ちいいからでしょ!」という意見もあると思います。
でもその気持ちいいという感覚が大切ではないでしょうか。「素足=気持ちいい」これは大人も子供も共通で持っている感覚のはず。

脳の活性化

この気持ちいいという感覚、どこで感じているかといえばそれは「脳」です。
足裏で感じた感覚は脳に伝わり、からだを支えるための大切な情報源になります。
人間は脳が大きくなったから色々なことができるようになったというイメージがあると思いますが、実際には動きが起こって変化を感じる、さらに感じることを求めて行動が変化したとも言われ、それに合わせて脳が発達してきたという考えもあります。
現代生活では裸足はタブーになりがち、感じる力も低下して、脳も未活性なんではないでしょうか。

感覚を開放しよう

たまには裸足で歩いてみて、土の温もりや、柔らかさ、アスファルトの固さ、冷たさ、普段立っている土地とのつながりを感じることで、眠っていた感覚が呼び戻ってくるかも。
砂浜を裸足で歩くときのなんともいえない解放感、それまで感じていた肩の重さやからだのだるさが「ふわっ」と抜けていく感じ。
からだの機能が向上して普段感じているからだの不調が改善するきっかけになるかもしれません。

これからだんだん温かくなってくるので、裸足の気持ちよさを感じるキッカケづくりとしたいと考えています。

4月にWSを企画予定です。詳細はのちほど、ブログページ、Facebookページにアップしていきます。