[イベント報告]味噌づくりの先に

Posted コメントするカテゴリー: イベント

移住とともにはじまった我が家の味噌づくり、今年で早くも5年目になりました。

はじめの年は、知り合いに教わりながら夫婦二人での作業でした。

今年は麹の仕込みから娘も一緒にお手伝いしてくれてます。

去年までは味噌樽に入って遊ぶばっかりだったのに

細かい手仕事を丁寧にこなしてくれるようになりました。

子どもの成長ってはやいなぁとつくづく実感します。

家族ではじめた手仕事もだんだん人の環が出来て、今年は去年よりたくさんの仲間と楽しくやっています。

我が家には、加工のための便利な機械はありません。すべてが手作業、マンパワーが頼りです。

蒸しあがった大豆を温かいうちに手足を使って潰していきます。

大人は真剣、どうしたら綺麗につぶれるか考えます。

子どもは遊び、踏んで、叩いて、寝て、潰すことより、どうすれば楽しいかを必死に考えます。

でも共通しているのは、大豆の匂いと温かさ、そして粒々の感触

自分でも思いますが、それがなんとも心地いいんです。

みんなで協力してする作業がなんとも楽しいんです。

ここ数年続けているこの工程は、単純な食品製造の枠を超えたものだと感じました。


初めての年は、加工施設を借りて、麹の発酵から大豆を蒸して潰すまで、専用の機材を使って作業していました。

麹づくりは温度・湿度の調整作業の繰り返しになるので、自宅では夜中でも定期的に起きてお世話をしなければいけません。

赤ん坊の世話をしているような感覚です。

一方施設では、センサーのついた発酵機を利用したため、蒸し米に麹菌を振りかけたら、そのあとは機械にお任せです。

今思えば、ロボットの保育士に子どもを預けてた感じでしょうか。

大豆を蒸し、潰し、樽に仕込むまでも、大きなガス釜とミンチ機械にお任せすれば、手間をかけずに綺麗にできます。

薪をくべる手間もいらないし、冬場なのに汗をかいて必死に大豆を潰さなくても、綺麗なみそ玉が作れちゃいます。

今思えば、すごい楽でした。

たまたま自宅でやってみようと思わなければ、そのまま施設で作り続けていたかもしれません。

手作りなのは変わらないので、既製品に含まれる添加物も気にしなくていい

自宅同様に酵素などを生かす工程なので、栄養的にも充実してます。

味に関しては、施設でのほうが味が均等で食べやすいかもしれません。

でも、わざわざ手間をかけてでも自宅で仕込みたいと思うのは、単なる味噌づくりとは違う魅力を感じてしまったからなのかもしれません。


作業のしめは、みんなで味噌の品評会

寝かせておいた三年分の味噌をそれぞれのお椀で溶かし、味噌汁として味わいます。

味噌は生き物、年数が経つにつれて、色も味も変化します。

最近知ったことですが、この変化は手作りならではで、既製品は時が止まってしまっているため、こうした味わいの変化はおきないんだそうです。

そしてなにより、からだを使ったあとの、みんなで味わう食事は特別においしく感じます。

今年はあと一回を予定しています。暖かくなる前にもう一仕事

前回参加してくれた方、ありがとうございました。また来年もご一緒しましょう♪

[参加者募集]手作り麹で味噌づくり(2019/2/11開催)

Posted コメントするカテゴリー: お知らせ

毎年恒例の味噌仕込みWSの参加者を募集します♪

去年の様子はこちらから→こちら

去年初めて玄米麹で仕込みした味噌も美味しく出来あがったので、参加の方と一緒にお味噌汁にして味わいたいと思ってます。

日時】
2019年2月11日11:00~14:00

【内容】
手作りの米麹を使い、昔ながらの方法で味噌を仕込みます。
蒸した大豆をつぶす→米麹と合わせて味噌団子を作る→樽に詰めて保管するという工程です。
大豆が蒸し上がるのを待つ間は、前年に仕込んだ味噌を使って囲炉裏で汁物を作ったり、火を囲んだり。
天気がよければ庭で遊びましょう。
土づくりのこと、発酵のこと、からだのこと、農とからだのつながりを体感しに来て下さい♪

【料金】
体験費2500円(一家族一組)

(お持ち帰り味噌1kg、汁物付き)

【持ち物】
エプロン、タオル、お持ち帰り容器
※腕まくり出来る汚れてもよい服装

【申込】
「お問い合わせ」 または、つながりのある方はメールや電話でのご連絡もお待ちしてます。

明けましておめでとうございます

Posted コメントするカテゴリー: 日々のこと

新年明けましておめでとうございます。

本日少し遅れて初詣に行ってまいりました。
場所はもちろん氏神様となる安房神社です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

安房神社は2600年以上の歴史があり、現在の場所に鎮座するようになって1300年になります。
普段はとても静かな地域ですが、毎年三が日はたくさんの人と車で賑わいます。
ご縁あって由緒ある神社の近くに住まわせてもらうことになりましたが、参道に面した我が家は車の出入りが大変です。
そのため、今の家に住んでから正月は家の中で静かに過ごすのが恒例になりました。

今年の正月は風もなく天気に恵まれていたので、お年玉の貯金箱づくりをしたり、紅葉したブルベリー苗の草取りなどして過ごしていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨年を振り返ると、第二子が生まれたこと以外は特に大きく事をなしたことがなかったように思います。
それでも何かとバタバタしていて、一年があっという間に過ぎていってしまいました。
畑づくりや、農のイベントなど、一休みにしてしまった事も多くありました。
子どもふたりの関係性、家のなかでのリズムが出来るまでは苦労しましたが、兄弟仲良く元気に成長してます。

今年は土の環として去年やりきれなかったこと、農のこと・食のこと・からだのことを中心に
関わってくれる人が心地よくなれるような体験を少しづつ企画していきたいと思っています。

改めまして、本年もどうぞよろしくお願い致します。

家と暮らし

Posted コメントするカテゴリー: 日々のこと

家と暮らし
我が家には同じ敷地内に家が2棟あります。
この土地に建っていた築100年の古民家と、同居する両親と新築した家です。
土の環のベースは古民家ですが、暮らしのベースは新居です。
「対照的な家だね」と言われるので、新旧の家にいつて考えてみました。


自然と繋がる家
古民家は骨格は木材、壁は土壁で囲炉裏付きの典型的な昔の日本の家です。
気密性が低く夏は涼しいけど冬はとても寒いです。
隙間から虫が入り込んだりもします。
内と外のあわいとなる縁側があり
窓を開けると家に居ながらにして外をダイレクトに感じれます。
自然を体感しやすいく、自然に影響されやすいつくりです。

自然と分ける家
新しい家は鉄骨で組まれて、耐震性に優れたつくりです。
気密性が高いので冬場窓を閉め切ると段違いに暖かいです。
家に一歩入ると外と内とがはっきり分かれる感じがします。
家の窓から眺める外は絵を眺める感覚に近いのかなぁと思います。

表情の違う二つの家からは、建てられた時代と人の考え方の違いを感じます。


昔の人は土地に住む
古民家が建てられた時代は今のように構造計算することはありません。
職人が経験と勘を頼りに、その場で木を加工して組んでいたと聞きます。
昔の大工さんには「木は生育のまま使え」「用材は木を買わず山を買え」
「木組みは木の癖で組め」という教えがあったと言います。
木を生かし、その土地の環境に合った家をつくることが、家を長く保たせると考えられていたみたいです。
さらに、今のようにコンクリートで基礎を固めることも出来なかったので、その土地自体の安定が不可欠でした。
今にも残る家づくりの風習に地鎮祭があります。
理由を調べたら「その土地に住む神様を祝い鎮め、土地を利用させてもらう許可を得るため」だそうです。
まさに神頼みというか、昔の人は土地に家を守ってもらうことを重要視していたのがよくわかります。

現代は家に住む
一方で新しい家は複雑な計算をもと設計されます。
現場では工場で加工されたパーツを組み立てるというやり方です。
我が家も着工からはあっという間に出来上がってしまいました。
養老孟司さんの著書に「現代は脳化の時代だ」という言葉があります。
次々と組み上げられていく様子を見ていたら、まさに今の家は頭の中で作り込まれたものなんだと思いました。
現代は家の土台となる動かない基礎があれば一定基準の家が建てられる時代です。
田んぼを埋め立てて住宅地にしたり、傾斜地にも平気で家が建てられるようなっています。
土地を選ばなくなり、地鎮祭を行わないケースも増えているみたいですね。


今と昔の折り合い
移住前は古い家を自分で修繕して暮らしたいという思いが強かったです。
でも色々な状況が重なって今の暮らしに落ち着いています。
自分達にとっては新旧の家を合わせた暮らしがいい加減です。
どちらも大事な暮らしの一部として大切にしていきたいと思っています。

自然と身(み)

Posted コメントするカテゴリー: 日々のこと

海の近い我が家では台風一過は家中に水まきすることからはじまります。
先日の台風も塩害の影響が強くて、家の窓も車も塩でベタベタでした。

家屋が壊れる被害はなかったものの、畑のダメージは深刻です。
植え付けしたばかりの秋冬野菜の苗は全滅
ブルーベリーは散水もむなしく、葉が一瞬で茶色くなってしまいました。
幸い枯れてはいないので、また春に芽をだしてくれることを祈ります。

内陸の農家さんにも被害が出たようで、秋冬野菜の植え直しがあったり
はざ掛け(お米の天日干し)をやり直すところも多かったようです。
自然豊かなこの土地は、恵みが多い分だけ自然からの害も受けます。
快適に暮らすためには、自然との折り合いが必要です。


移住したての頃は、そんな折り合いの工夫がわかりませんでした。
そこで、地元農家さんに畑のこと、暮らしのことを色々質問するのですが
理由を尋ねても「昔からそうだ」と言われることが多かったのです。
長年の暮らしのなかで体感的に身についたものなんでしょう。
外から知ろうとする者にとっては職人技を見て盗むような心境です。

はじめは頭で考えようとして、理解できないことがありましたが
最近は自分の頭と身体もだいぶ農的になってきたように感じます。
ある時、昔からの農法・家づくり・人の考えに共通するものに気づきました。
それは、自然と戦わない、むしろ負けてもよしとする考えです。
勝ち負けというより、もともと一つのものという考え方なのかもしれません。


一方で現代の暮らしは、自然と戦う考えが強いように感じます。
科学技術が発達して、昔では考えられなかった事が実現できるようになり
戦って勝つという考え方が当たり前になっているのかもしれません。

最近の気候変動や自然災害の報道を見ていると
あらためて自然と正面から戦うには相当な力がいるんだと感じます。
自然の力が予想を超えたり、力負けしてしまった時のことを考えると
勝つことの前提は成り立たなくなるのかもしれません。

今さら昔暮らしに戻ることは難しいし、得た技術を捨てる必要もないけど
今に合わせて上手く負ける発想を取り入れていきたいと思いました。

赤ちゃんという自然

Posted コメントするカテゴリー: 日々のこと

6月9日、朝5時に我が家に新しい家族が誕生しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出産日のことを書き記しますので良かったら読んでください↓

長女と同様に助産院での自然分娩で出産
事前に「二番目は生まれるの早いよ~」「早めに移動しないと産院に着く前に車で出てきちゃうかもよ!」
なんて話を聞いていて、いつその時が来てもいいように出産&入院の準備を整えていたのでした。

そして6月8日の朝、妻からの「おしるしが来たかも~」

自分「そっかー」
妻「いよいよかな~」
自分「じゃあ陣痛来たら出かけようかー」

二人目ともなると余裕が生まれるのか
不思議と緊張感みたいなものはありませんでした。
むかし読んだ本に
「医療が発展した日本では出産が病気と同じになった」
「もともとは人は家のなかで生まれ、家のなかで死ぬものだった」
と書かれていたことを思い出しました。
一度自然分娩を経験して我が家でも命の誕生が日常に近い感覚になったのかもしれません。

そんなこんなで、忙しくなる前にしておきたかった庭仕事をしていると

お昼過ぎに「破水したー!」

いよいよということで産院へ出かける支度をするのですが...
そんな状況でも、普段のお出かけ前のように妻は歯磨き、仕事上がりの喉を潤す自分、そしてゼリーをむさぼる娘というシュチュエーション
たまたま居合わせた友人が滑稽だと写真を撮っていました(笑)

夕方産院に到着し、助産師さんと打ち合わせ
前回の出産のこと、現在の陣痛状況、今日の潮の満ち引きを踏まえて作戦会議(自然分娩では月の周期や、潮の満ち引きのタイミングに影響をうけるケースが多いようです)
決戦を今晩夜中と決め、戦前に腹ごしらえをすることにしました。
飲食店には迷惑がかかるので、お弁当を買って海辺の駐車場に車を止めて海を眺めながらボーっと食事
時折来る陣痛に箸を止めて「ウー」っと唸る妻、「やっぱりお店に行かなくてよかったね。」「この状況店員さんびっくりするでしょ~」
そんなやり取りをしているうちに、だんだんと陣痛の感覚が短くなったので急いで産院に戻ることに

産院にもどるとすぐに生まれる...と思ったのですが、そうはいかないのが自然分娩
一つ目の波を逃してしまいました。
一人目の経験があるので、長期戦を覚悟し、波に乗るためにアレコレ格闘
バランスボールに乗ったり、歩き回ったり、時には横になって寝て休息をとったり
医療のスケジュールに合わせるのでなく、出来るだけ自然なお産をサポートしてくれる環境なので
赤ちゃんと対話しながら、今回もゆっくりじっくりなお産になりました。

そして、次の日の早朝
来ましたビッグウェーブ!
一度の波に乗るとあとは早いはやい
あっという間に出てきてくれました。
長女と同じ時間帯
どうやら、うちの子達は徹夜明けの早朝出産が好きなようです。

今回も自分たちの選択で、あえて医療の介入しないお産をして感じたのは
赤ちゃんは生むのではなく、生まれるのだということ
もともと自然というものを持ち合わせているんだということ
小さなからだは、抱きかかえると大人以上のエネルギーを感じます。
これからも新しい家族とともに、我が家を宜しくお願いします!

旬の野菜と畑仕事

Posted コメントするカテゴリー: 日々のこと

最近明らかに湿度が増してきてます。
今日もどんより曇り空
こんな日は少し動くだけでも汗がダラダラ
とは言え梅雨入り前にやっておきたい作業があるので畑にいってきました。


春に地植えしたブルーベリー
一時は水不足で瀕死状態になりましたが、なんとか根付いてくれた様子
まずはブルーベリー区画を草刈りして油粕をパラパラと
油粕は雨によって地中に浸透してブルーベリーの栄養になります。
地面に這つく草はそのまま残して、黄色い花を楽しむことにしました。


続いて夏野菜のお手入れ
成長してきたトマトときゅうり、誘引してわき芽を取ります。
基本わが家は露地で野菜を育てているので、毎年トマトの出来はこの時期の雨量に左右されます。
去年は雨が少なくトマトにはいい気候でしたが、今年はどうでしょうか?


そして、作業の終わりにはその日食べる野菜を収穫
今はたまねぎ、じゃがいも、ズッキーニが旬として食卓に並んでいきます。
小さいじゃがいもは皮つきのまま甘辛く炒めて食べるのがわが家の定番です。

[イベント報告]色とりどりの鯉のぼりが羽ばたいた

Posted コメントするカテゴリー: イベント

アップが遅くなりましたが、5月4日にmicono fiber artさんと共同企画したアートフレームWSを開催しました。


大人も子どもも作品づくりに没頭


自分の感性で水引を思いのままに並べていきます。


AWA家具さんのおしゃれな手作りフレーム、気に入った作品は購入して作品と合わせます。


出来上がった作品たち、たくさんの鯉のぼりが羽ばたいていきました。

二十四節気とからだケア~立夏(りっか)~

Posted コメントするカテゴリー: コラム

二十四節気とからだケア
二十四節気とは、明治初期まで使われていた太陽暦をもとに、1年を24分割した季節の指標のこと。
今のように気象予報など科学が発展してない時代、天候に左右される農作業の目安として便利なものでした。
農だけでなく、からだを保つための養生の知恵なども内包されています。
現代にも生かせるものも多いので、からだケアの観点から、時々書き綴っていきます。

 

5月6日は夏が立つと書いて「立夏」暦の上では夏のはじまり

この時期は「蛙初鳴」読んで字のごとく、カエルがはじめて鳴く時節とも言われるタイミングです。
確かに、何日か前からカエルの鳴き声が聞こえるようになった様に感じます。
移住後はじめて住んだ家は目の前が田んぼという環境だったので、カエルの鳴き声をBGMとして生活していました。
家の窓や壁、そこかしこにカエルがくっついて、トイレで用を足す時もカエルに見守られてた事を思い出しました。

食養の旬はフキと苺、塩分を控え、適度の水分を補給し、心の気を養う

立夏は心の季節と言われるそうです。心、つまり心臓に重きを置き、心を静めるように調節すべき時節とされています。
そしてこの時期の食養生で旬のされるのが、フキと苺です。
フキの苦味の成分にはカリウムやポリフェノール類が含まれて、塩分排出を助け、新陳代謝を促してくれます。我が家にもたくさん生えていますが、食べるのに手間がかかるので毎日は食べれません。塩分を控え、心臓に負担をかけないように気をつけたいと思います。
苺はというと娘が大好きで毎日摘み取りをしています。需要供給はばっちり。暑い昼間に外遊びをした時の水分補給には身体の熱を冷ましてくれる苺はもってこいです。環境負荷をかけて旬を前倒しするよりは、旬な時期に味わったほうが身体のためにいいんだろうとつくづく感じます。
この時期日中は暑いですが夜は冷え込むので、からだを冷やし過ぎないよう苺もほどほどにして、夜は適度服を重ねて風邪予防をしていきましょう!

 

 

 

 

[参加者募集]鯉のぼりの水引フレーム(2018年5月4日)

Posted コメントするカテゴリー: お知らせ

友人の水引作家さんをお呼びして、鯉のぼりのアートフレーム作りを企画しました。
親子で作ればいい思い出になるし、贈り物としてもオススメです。

水引を自分の感性で選び並べるだけ
簡単で、かつ、個性が出て、しかもちゃんと可愛く仕上り飾れるを目指したデザイン

お子様の名入れもできます♪

ポストカード用フレームをお持ちの方はご持参ください。

当日はAWA2017製ウッドフレームもご用意。
保護者同伴、年齢制限なし

【日時】2018年5月4日(金)10:00-12:00

【場所】土の環 千葉県館山市大神宮656

【料金】3000円(フレーム購入の方は別料金)

【申込】みこの info@micono.link まで

講師:micono Fiber art 代表 みこの フレーム製作:AWA2017