からだほぐし

Posted コメントするカテゴリー: 日々のこと

からだケアの教室を開いています。

ストレッチしたり、マッサージしたり、体操したり
モジモジのびのび、ちょっとずつ固まったからだをほぐします。
からだの仕組みをお伝えし、自分のからだと対話しながら整えていきます。
少人数予約制で参加される方の体調に合わせて内容をアレンジします。
からだが固い。体力に自信がない。という方でも大丈夫です。

参加費    1000円(60分)
定員         5名
持ち物 ヨガマット(レンタルあり)
開催日       不定期

ご予約は→こちら

※開催はブログなどで事前に告知します。

ご希望の日程、内容がある方も気軽にお問い合わせください。


セラピスト
土屋 裕明 (つちや やすあき)
[プロフィール]
フィットネス、医療、栄養学、運動学を学び
リハビリから競技者、表現者のサポートまで、幅広くからだづくりの携わる
健康、からだの理を追求するなかで、農的暮らしに含まれた全体性に気づく
農のある暮らしを実践しながら、セラピストとして活動中
資格
理学療法士、コンディショニングトレーナー
経歴
2009~2013 舞台俳優・表現者へのコンディショングサポート
新国立劇場・舞台「ヘンリー六世」「象」「リチャード三世」など

これまで~古民家との出会い~

Posted コメントするカテゴリー: 暮らしのこと

築100年の古民家と出会う

敷地は荒れ家の状態も悪い、しかしなぜか惹かれるものがあった

新たな農地との開墾の歴史

農地はあるがほとんどが耕作放棄地、家とともに手入れを続ける日々

家も畑も手をかけて生まれ変わる

設計図はなく、手探りがいい加減

トライ&エラー、少しづつ手になじみカタチになる

 

これまで~農のある暮らしのはじまり~

Posted コメントするカテゴリー: 暮らしのこと

2014年南房総三芳に移住

最初の我が家は新規就農支援住宅

こじんまりした納屋付きの家から農のある暮らしのはじまり

茅葺きの長屋門がシンボルの農家レストランじろえむ

ここでの研修生活が農とともに生きる暮らしの原点

はじめての無農薬での米作り

機械の使用は田植えと刈り取りのみ、収穫後の乾燥も天日でのはざがけ

自らが作ったのではなく、自然とともになる