コロナに思うこと

Posted コメントするカテゴリー: ブログ日々のこと

政府の出した緊急事態宣言から1ヶ月、先日その延期が発表されましたね。

 

土の環は3月以降に考えていたイベントなど体験を止め、ひたすら家や畑などの身のまわりの仕事に励んでいます。

丸太を切り出し、皮を剥き、子どもの遊具づくり
古材作品①キッチンカウンター
古材作品②長椅子

土の環の他にも今までからだケアで関わっていたフィットネス施設は休業中のため、レッスンでの対面が無くなったことで、接触8割減は確実に達成出来ていると思います。

館山では感染者の報告がないことや、もともと人との接触が多くない地域(自然豊かな地方都市)のため、都心部に比べて感染の恐怖はそこまで感じていませんでした。

しかしここに来て地域内での人の流れが気になるようになっています。

街中を走る車に地域外ナンバーが目立つようになりました。未だに飲食店や宿泊施設への問い合わせもあると聞いてます。

訪れる人にも、営業を続けるお店にも色々な事情はあるにせよ、今我慢出来なければ厳しい状況が長く続いてしまうことは予想できるはずなのに………………

話はそれましたが、この1ヶ月人との接触を減らした生活を続けて、人間というのは対話なしでは成り立たない生きものなんだ改めて感じました。

例えば、今流行りのオンラインです。

休業中のフィットネス施設では一部YouTubeを利用して継続してレッスンさせてもらってますが、はじめは誰も居ないスタジオのなかでパソコン画面に向かいインストラクションする事にとても違和感を感じました。今はだいぶ慣れましたが、今まで自覚していなかったけれど、自分はその場いる人から色々な情報(動きや表情、息づかいを観て、ツラいのか心地いいのか)を得ながらレッスンしていたんだとあらためて感じました。

YouTuberってすごいなってはじめて思いましたね)笑

他にも最近のニュースで、デイサービス(通所介護施設)が閉鎖したことで、高齢者の認知症状がひどくなったという話題を目にします。目に見えての会話の少ない人でも、無意識に得ていた対話や人との接触によって保たれていた心身の状態が崩れてしまったんだと思います。

我が家でも人との接触はめっきり少なくなりましたが、そのかわり土との濃厚接触の日々を過ごしています。この時期は植物の成長が早く、畑の作物も庭の雑草もとにかく日に日に変化します。そんな場に身を置いているためか、今のところ子ども達も親も私たちも健康な日常を過ごせています。これは日常に自然との対話が保たれているおかげなのかもしれません。

家のなかではケンカばかりでもお外では仲良し

県外から訪れる人も何かしら癒しとよりどころを求めて来ているのかなとも思います。

ただ私達もずっとこのままはツラい。

コンビニのコーヒー片手に海を眺めていたような日常を取り戻したいし(海岸の駐車場は閉鎖し、地域外の人の出入りの多いコンビニには立ち寄ることをためらうようになりました)

早くイベントを企画して、食べること動くことを楽しめる場をつくりたいです。

今は我慢の時、自粛生活が早く一区切りできるよう、また明日もstayhomeを守ってコツコツと場を整えて、再始動出来る時を待ちたいと思います

夏使用に建具を外したら、通り抜ける風が心地いい

食べること

Posted コメントするカテゴリー: ブログ

我が家には今9カ月の息子とと3歳になる娘がいますが、二人を見ていて
最近「食べること」ついて考えたことがあります
それは大人も子供も一人ひとりの食べることには違いがあるということです

息子の食べるはとてもシンプル
赤ちゃんなのでお腹がすいたら泣き、おっぱいを飲んで満たされたら笑う
食べることイコール身体の生理的欲求です

娘は少し複雑です。お腹が空いていても何かに夢中だと食べることを嫌がり
お腹がおっぱいでも大好きなものはもっともっとと欲しがります
食べる場面にも影響され、家族だけでなく友達が一緒の方が食が進みます
自宅でもわざわざお弁当にして外のテーブルで食べることが大好きです

「食べる」が=生理的欲求の息子に対して、好きだから、楽しいからという
感情が混ざってきた娘はより人間に近づいたんだと思います

そう考えたら、大人の「食べる」はなんて複雑なんでしょう
「健康になるための食事」「病気を治すための食事」
「痩せるための食事」「綺麗になるための食事」
最近の食べるといえば「インスタ映えする食事」なのかも
忙しい時はただエネルギー補給として食事を摂ってしまう場合も
あったりしますよね

大人になると生活から「食べる」の比重が減って、食べることを楽しむ
ことが下手になってしまうのかもしれない

自分もわが子を見習って、改めて「食べる」を楽しもうと思います

グループレッスン

Posted コメントするカテゴリー: ブログ

<からだと向き合い、一息つく時間>

ストレッチしたり、マッサージしたり、体操したり

モジモジのびのび、ちょっとずつ固まったからだをほぐします

身体の仕組みを知り、自分の身体との対話を楽しみながら整えていきます

少人数予約制で参加される方の体調に合わせて内容をアレンジします

身体が固い。体力に自信がない。という方でも大丈夫です。


参加費    1200円(60分)
回数券    5000円/5回
定員         5名
持ち物 ヨガマット(レンタルあり)
開催日       不定期

ご質問・予約は→こちら

※開催はブログなどで事前に告知します。

希望の日程、内容がある方は気軽にお問い合わせください。(最低実施人数3名)


セラピスト
土屋 裕明 (つちや やすあき)
[プロフィール]
フィットネス、医療、栄養、運動、解剖などを学び
リハビリから競技者、表現者のサポートまで、幅広くからだづくりの携わる
健康、からだの理を追求するなかで、農的暮らしに含まれた全体性に気づく
農のある暮らしを実践しながら、セラピストとして活動中
資格
理学療法士、コンディショニングトレーナー
経歴
2009~2013 舞台俳優・表現者へのコンディショングサポート
新国立劇場・舞台「ヘンリー六世」「象」「リチャード三世」など

個人セッション

Posted コメントするカテゴリー: ブログ

<一人ひとりの人のからだ>

一般に良いと言われることが、自分に合うとは限りません

大切なことは、自分のからだを知り、自分に合った「型」を見つけること

お一人おひとりの個性を診ながら、からだを整えるお手伝いを致します

一緒にからだが心地良い場所に帰る路を探しましょう

セッションの内容→こちら


セッション料  8000円/1回 (60~90分)

回数券    30000円/5回(6カ月間有効)

持ち物    動きやすい服装、タオル

受付     月・金 9:00~20:00

ご質問・ご予約→こちら


セラピスト
土屋 裕明 (つちや やすあき)
[プロフィール]
フィットネス、医療、栄養、運動、解剖などを学び
リハビリから競技者、表現者のサポートまで、幅広くからだづくりの携わる
健康、からだの理を追求するなかで、農的暮らしに含まれた全体性に気づく
農のある暮らしを実践しながら、セラピストとして活動中
資格
理学療法士、コンディショニングトレーナー
経歴
2009~2013 舞台俳優・表現者へのコンディショングサポート
新国立劇場・舞台「ヘンリー六世」「象」「リチャード三世」など

大豆の環(わ)

Posted コメントするカテゴリー: ブログ

「大豆の環」は大豆栽培を種まきから体験できるワークショップです

大豆は味噌・醤油・納豆などの原料になり、食卓には欠かせない食材です

そんな馴染み深い食材なのに国内自給率は低く

国産大豆のなかでも農薬不使用のものは滅多に手に入りません

じゃあ、自分で作ったらどうなのかと思いたって企画してみました

ワークショップを通じて、楽しみながら自給を体験しませんか

7月   種まき
8月 草とり、土寄せ
9月 草とり、土寄せ
10月  枝豆収穫
11月  収穫、乾燥
12月  脱穀、選別
1月  豆腐づくり
2月  味噌づくり

土の環では、すべての作物を無農薬無化学肥料で育てています。
虫に食べられたり、病気になったり、作物が収穫できないこともあります。
食と自然のつながりを体感してもらうため、失敗も含めた過程を楽しいんでもらえるようにしたいと考えています。

日程、募集など詳しくは「イベントお知らせ」をご確認ください

 

 

味噌づくりの会

Posted コメントするカテゴリー: ブログ

昔ながらの味噌づくりを体験出来るワークショップです

土の環では毎年冬場に、昔ながらの方法で味噌作りをしています

麹・塩・大豆とシンプルな材料で、添加物は使いません

手作りの良さは味だけでなく、作る過程にあります

麹の発酵の温かみを感じたり、大豆の蒸しあがった匂いを嗅いだり

仕込みをしながらホッとする瞬間がたくさんあるんです

食べるだけでは得られない喜びをぜひ体感しに来てください

なぜ自宅で仕込むの?
昔から農村部では味噌は各家庭で作られていました。
材料自体もシンプルですが、手前味噌という言葉があり、各家庭で配合が微妙に違います。
その微妙な違い、仕込む人の手の違いが味に違いを生みます。
自分の手で仕込んだ味噌を食べたら、やみつきになりますよ。

なぜ冬場なの?
今も昔も冬場に仕込みをするのが一般的です。
冬場は雑菌が繁殖しにくく、冬から春、夏と気温が上がるつれて、ゆっくり発酵熟成が進むことで美味しくなります。
秋に気温が下がると発酵も落ち着き、温かい鍋が恋しくなる頃ちょうど食べごろになります。

 

日程、募集など詳しくは「イベントお知らせ」をご確認ください

セッション内容

Posted コメントするカテゴリー: ブログ

セッションの流れ

カウンセリング

お話を伺いながら、日常の隠れる不調の原因を見つけていきます。

動きのチェック

姿勢と動きを分析し、調整のポイントを見つけ出していきます。

施術

全身の歪みを整えていきます。

動きのチェック

再度動きを分析し、調整による変化を確認していきます。

フィードック

個人に合ったセルフケア、日常で気をつけるポイントをお伝えします。

お支払い

セッション毎に、現金でのお支払いをお願い致します。

  1. 症状やお身体の状態によって一度に全体を調整できない場合があります。
  2. 次回のご予約は無理にお勧めしません。回数、頻度は安心してご相談下さい。
  3. 積極的にからだと向き合う時間を楽しみましょう。

畑ごはんの会

Posted コメントするカテゴリー: ブログ

畑での収穫から食卓までを体験できるワークショップです

 

我が家のごはんは畑づくりから

四季をさかのぼり、食べたい野菜の種をまくところから食べることがはじまります

買ったほうが楽だけど、手作りの方が「食べる」が何倍も楽しく感じれるから

 

食べごろを選び収穫する、泥を流して傷みや虫食いを取り除く

不要な根や葉を取り、料理に合わせて食べやすく切って、火を通す

どれも家庭から無くなりつつある下ごしらえです

丁寧に下ごしらえした野菜はシンプルな調理でもちゃんと美味しくなります

 

 

 

みんなで「食べる」を楽しく

自然の実りと「いただきます」をしませんか

 

 

野菜の成長に合わせて、企画をしていきます。

日程、募集など詳しくは「イベントお知らせ」をご確認ください