自然と身(み)

Posted コメントするカテゴリー: コラム

海の近い我が家では台風一過はいつも家中庭中に水まきすることからはじまります。
先日の台風も塩害の影響が強くて、家の窓も車も塩でべたべたでした。

家屋が壊れる被害はなかったものの、畑のダメージは深刻です。
植え付けしたばかりの秋冬野菜の苗は全滅、ブルーベリーは二度散水して塩を洗い流したものの、葉が一瞬で茶色くなってしまいました。
幸い枯れてはいないので、このまま冬を越してまた春に芽をだしてくれることを祈ります。

内陸の農家さんにも被害が出たようで、秋冬野菜の植え直しやはざ掛け(お米の天日干し)をやりなおさなくてはいけないところも多かったようです。
現代農業では自然害に打ち勝つために、大規模化・機械化・工業化が進んでますが、南房総では小規模農家さんがまだまだ多いです。
自然豊かなこの土地は、その分自然からの害も受けやすくなります。
そんな地域で昔ながらの小さな農を営む農家さんの暮らしには、自然環境に対しての知恵と工夫が凝らされていて勉強になります。

でもそんな暮らしのことを質問しても、大抵の場合はそんなものは当たり前だと言われます。
頭で考えたものではなく、文字通り長年の暮らしのなかで自然と身についたものなんでしょう。
外から知ろうとする者にとっては職人に弟子入りして技を見て盗めと言われている心境です。

移住したての頃はついつい先に頭で考えようとしまって、なかなか理解できないこともありましたが、5年も経つと自分の頭と身体もだいぶ農的になってきたように感じます。
そしてある時、農と家と人には共通する考え方があると気付きました。

ざっくり言うと昔ながらの農法と家づくり、人の考えは自然に対して負けることを前提としているんだということ。
でも実は負けているように見せている。
負けたように見せて勝つ、負けを利用するという考え方なのかもしれない。

一方で現代の暮らしは、自然と戦うという考え方なんだと思います。
昔も戦っていたのかもしれないけど、今では戦う力がなかった時代では考えられなかった事が出来るようになってきた。
すっかり戦って勝つという考え方が当たり前になっている気がします。

でもここ最近の気候変動や自然災害をみていると、あらためて自然と正面から戦うには相当な力がいるんだと感じました。
戦う力が弱くなってしまったり、自然の力が予想を超えたり、力負けしてしまった時と考えると、今後勝つこと前提では成り立たないことが多くなってくるんだろう思います。

今さら昔暮らしに戻ることは難しいし、戻る必要もないけれど、今に合わせて自分たちの暮らしに上手く負ける発想を取り入れていきたいなと考えています。

二十四節気とからだケア~立夏(りっか)~

Posted コメントするカテゴリー: コラム

二十四節気とからだケア
二十四節気とは、明治初期まで使われていた太陽暦をもとに、1年を24分割した季節の指標のこと。
今のように気象予報など科学が発展してない時代、天候に左右される農作業の目安として便利なものでした。
農だけでなく、からだを保つための養生の知恵なども内包されています。
現代にも生かせるものも多いので、からだケアの観点から、時々書き綴っていきます。

 

5月6日は夏が立つと書いて「立夏」暦の上では夏のはじまり

この時期は「蛙初鳴」読んで字のごとく、カエルがはじめて鳴く時節とも言われるタイミングです。
確かに、何日か前からカエルの鳴き声が聞こえるようになった様に感じます。
移住後はじめて住んだ家は目の前が田んぼという環境だったので、カエルの鳴き声をBGMとして生活していました。
家の窓や壁、そこかしこにカエルがくっついて、トイレで用を足す時もカエルに見守られてた事を思い出しました。

食養の旬はフキと苺、塩分を控え、適度の水分を補給し、心の気を養う

立夏は心の季節と言われるそうです。心、つまり心臓に重きを置き、心を静めるように調節すべき時節とされています。
そしてこの時期の食養生で旬のされるのが、フキと苺です。
フキの苦味の成分にはカリウムやポリフェノール類が含まれて、塩分排出を助け、新陳代謝を促してくれます。我が家にもたくさん生えていますが、食べるのに手間がかかるので毎日は食べれません。塩分を控え、心臓に負担をかけないように気をつけたいと思います。
苺はというと娘が大好きで毎日摘み取りをしています。需要供給はばっちり。暑い昼間に外遊びをした時の水分補給には身体の熱を冷ましてくれる苺はもってこいです。環境負荷をかけて旬を前倒しするよりは、旬な時期に味わったほうが身体のためにいいんだろうとつくづく感じます。
この時期日中は暑いですが夜は冷え込むので、からだを冷やし過ぎないよう苺もほどほどにして、夜は適度服を重ねて風邪予防をしていきましょう!

 

 

 

 

二十四節気とからだケア~穀雨(こくう)~

Posted コメントするカテゴリー: コラム

二十四節気とからだケア
二十四節気とは、明治初期まで使われていた太陽暦をもとに、1年を24分割した季節の指標のこと。
今のように気象予報など科学が発展してない時代、天候に左右される農作業の目安として便利なものでした。
農だけでなく、からだを保つための養生の知恵なども内包されています。
現代にも生かせるものも多いので、からだケアの観点から、時々書き綴っていきます。

4月20日は暦で定められた二十四節気の「穀雨」のはじまり

穀雨とは立夏(立夏)5月4日頃までの時節をいい、この時期に降る雨は「百穀春雨(ひゃっこくはるさめ)」と言うそうです。
古くから種まきや田植えなど農作業をはじめる目安とされていて、植物の成長を助ける恵の雨になります。

今では用水が発達して潅水設備が整っているので、水不足に悩まされる状況も減ってきているとはいえ、我が家では水場のない畑も多く天水に頼る環境では待ちに待った時期です。
成長した苗を少しずつ畑に定植していってます。
雑草も成長が早くなったので、これから毎週草刈りに追われる生活が始まります。そんな雑草もブルーベリの株元に雑草マルチとしての大切な役割をもっています。
虫たちも活気づいてきました。子供に人気のてんとう虫は害虫を食べてくれる畑の大切な用心棒です。

 

農作業には欠かせないこの時期もからだにとっては不調の兆し!?

雨が降るということは、言い換えれば低気圧が続くということにもなります。
低気圧はからだにどんな影響を与えるかといえば、浮腫が発生しやすくなります。
ホルモン分泌や自律神経の変化なども影響するので、一言では言い切れませんが、低気圧の影響で血管が拡張して、神経を刺激し、「頭痛」「からだがだるい」といった症状を引き起こすことがあります。
東洋医学的に考えれば「水毒」と言えます。

原因もさまざまなので、養生のしかたもいろいろ考えられるでしょうが、「冷たいものを避ける」「適度にからだを動かして循環を保つ」というのは間違いないことなんでしょうね。
蒸し暑くなると、冷たいスパークリングウォーター、ビールに誘惑が強くなりますが、適度に楽しみましょう。