家と暮らし

Posted コメントするカテゴリー: 暮らしのこと

家と暮らし
我が家には同じ敷地内に家が2棟あります。もともとこの土地に建っていた築100年の古民家と、同居する両親と新築した家です。
土の環のベースは古民家ですが、寝食は新居でしています。
「対照的な家だね」と言われるので、新旧の家にいつて考えてみました。

自然と繋がる家
古民家は骨格は木材、壁は土壁で囲炉裏付きの典型的な昔の日本の家です。
気密性が低く夏は涼しいけど冬はとても寒いです。隙間から虫が入り込んだりもします。
内と外のあわいとなる縁側があって、窓を開けると、家に居ながらにして外の空気をダイレクトに感じれます。
自然を体感しやすいく、自然に影響されやすいつくりです。

自然と分ける家
新しい家は鉄骨で組まれて、耐震性に優れたつくりです。
夏の室温は古民家と変わらないけど、気密性が高いので冬場窓を閉め切ると段違いに暖かいです。
当然虫の侵入も少ないし、家に一歩入ると外と内とがはっきり分かれる感じがします。
家の窓から眺める外は絵を眺める感覚に近いのかなぁと思います。
まったく表情の違う二つの家に暮らしていると、家のつくり方から建てられた時代と人の考え方の違いを感じます。

 

昔の人は土地に住む
古民家が建てられた時代は今のように構造計算することはありません。
職人が経験と勘を頼りに、その場で木を加工して組んでいたと聞きます。
ある本によると、昔の大工さんには「木は生育のまま使え」「用材は木を買わず山を買え」「木組みは木の癖で組め」という教えがあったと言います。
木を生かし、その土地の環境に合ったもので家つくることが、家を長く保たせることにつながると考えられていたみたいです。
さらに、今のようにコンクリートで基礎を固めることも出来なかったので、その土地自体の安定が不可欠でした。
今にも残る家づくりの風習に地鎮祭があります。理由を調べたら、「その土地に住む神様を祝い鎮め、土地を利用させてもらう許可を得るため」だとか。
まさに神頼みというか、昔の人は土地に家を守ってもらうことを重要視していたのがよくわかります。

現代は家に住む
一方で新しい家は複雑な計算をもと設計され、工場で加工されたパーツを現地で組み立てるというやり方です。
我が家も着工からあっという間に出来上がってしまいました。
養老孟司さんの著書に「現代は脳化の時代だ」という言葉があります。
次々と組み上げられていく様子を見ていたら、まさに今の家は頭の中で作り込まれたものなんだと思いました。
現代は家の土台となる動かない基礎があれば一定基準の家が建てられる時代です。田んぼを埋め立てて住宅地にしたり、傾斜地にも家が建てられるようなっています。
土地を選ばなくなり、地鎮祭を行わないケースも増えているみたいです。

今と昔の折り合い
移住前は古い家を自分で修繕して暮らしたいという思いが強かったのですが、色々な状況が重なって今の暮らしに落ち着いています。
自分達にとっては新旧の家を合わせた暮らしがいい加減だと思っていて、今では二つの家が切っても切り離せないものです。
どっちがいいかではなく、どちらも大事な暮らしの一部として大切にしていきたいと思っています。

自然と身(み)

Posted コメントするカテゴリー: 暮らしのこと農のこと

海の近い我が家では台風一過は家中に水まきすることからはじまります。
先日の台風も塩害の影響が強くて、家の窓も車も塩でベタベタでした。

家屋が壊れる被害はなかったものの、畑のダメージは深刻です。
植え付けしたばかりの秋冬野菜の苗は全滅、ブルーベリーは二度散水して塩を洗い流したものの、葉が一瞬で茶色くなってしまいました。
幸い枯れてはいないので、また春に芽をだしてくれることを祈ります。

内陸の農家さんにも被害が出たようで、秋冬野菜の植え直しやはざ掛け(お米の天日干し)をやりなおさなくてはいけないところも多かったようです。
現代農業では自然害に打ち勝つために、大規模化・機械化・工業化が進んでますが、南房総では小規模農家さんがまだまだ多いです。
自然豊かなこの土地は、恵みが多い分だけ自然からの害も受けやすくなります。そんな地域で昔ながらの農家さんの暮らしには、自然環境に対しての知恵と工夫が凝らされていて勉強になります。

そんな知恵と工夫も頭で考えたものではなく、長年の暮らしのなかで自然と身についたものなんでしょう。理由を尋ねても「昔からそうだ」と言われることも多いです。
外から知ろうとする者にとっては職人から技を見て盗めと言われているような心境です。移住したての頃は先に頭で考えようとしまって、なかなか理解できないこともありましたが、最近は自分の頭と身体もだいぶ農的になってきたように感じます。

そして最近、昔ながらの農法や家づくり、人の考えは、すべて自然に対して負けることを前提としているんだということに気づきました。
勝ち負けというより、もともと一つのもの考え方なのかもしれない。

一方で現代の暮らしは、自然と戦うという考え方なんだと思います。
昔も戦っていたのかもしれないけど、昔では考えられなかった事が出来るようになってきて、戦って勝つという考え方が当たり前になっています。

でもここ最近の気候変動や自然災害をみていると、あらためて自然と正面から戦うには相当な力がいるんだと感じました。
戦う力が弱くなってしまったり、自然の力が予想を超えたり、力負けしてしまった時と考えると、今後勝つこと前提では成り立たないことが多くなってくるんだろう思います。

今さら昔暮らしに戻ることは難しいし、戻る必要もないけれど、今に合わせて自分たちの暮らしに上手く負ける発想を取り入れていきたいですね。

赤ちゃんという自然

Posted コメントするカテゴリー: 暮らしのこと

6月9日、朝5時に我が家に新しい家族が誕生しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出産日のことを書き記しますので良かったら読んでください↓

 

長女と同様に助産院での自然分娩で出産
事前に「二番目は生まれるの早いよ~」「早めに移動しないと産院に着く前に車で出てきちゃうかもよ!」
なんて話を聞いていて、いつその時が来てもいいように出産&入院の準備を整えていたのでした。

そして6月8日の朝、妻からの「おしるしが来たかも~」

自分「そっかー」
妻「いよいよかな~」
自分「じゃあ陣痛来たら出かけようかー」

二人目ともなると余裕が生まれるのか
不思議と緊張感みたいなものはありませんでした。
むかし読んだ本に
「医療が発展した日本では出産が病気と同じになった」
「もともとは人は家のなかで生まれ、家のなかで死ぬものだった」
と書かれていたことを思い出しました。
一度自然分娩を経験して我が家でも命の誕生が日常に近い感覚になったのかもしれません。

そんなこんなで、忙しくなる前にしておきたかった庭仕事をしていると

お昼過ぎに「破水したー!」

いよいよということで産院へ出かける支度をするのですが...
そんな状況でも、普段のお出かけ前のように妻は歯磨き、仕事上がりの喉を潤す自分、そしてゼリーをむさぼる娘というシュチュエーション
たまたま居合わせた友人が滑稽だと写真を撮っていました(笑)

 

夕方産院に到着し、助産師さんと打ち合わせ
前回の出産のこと、現在の陣痛状況、今日の潮の満ち引きを踏まえて作戦会議(自然分娩では月の周期や、潮の満ち引きのタイミングに影響をうけるケースが多いようです)
決戦を今晩夜中と決め、戦前に腹ごしらえをすることにしました。
飲食店には迷惑がかかるので、お弁当を買って海辺の駐車場に車を止めて海を眺めながらボーっと食事
時折来る陣痛に箸を止めて「ウー」っと唸る妻、「やっぱりお店に行かなくてよかったね。」「この状況店員さんびっくりするでしょ~」
そんなやり取りをしているうちに、だんだんと陣痛の感覚が短くなったので急いで産院に戻ることに

産院にもどるとすぐに生まれる...と思ったのですが、そうはいかないのが自然分娩
一つ目の波を逃してしまいました。
一人目の経験があるので、長期戦を覚悟し、波に乗るためにアレコレ格闘
バランスボールに乗ったり、歩き回ったり、時には横になって寝て休息をとったり
医療のスケジュールに合わせるのでなく、出来るだけ自然なお産をサポートしてくれる環境なので
赤ちゃんと対話しながら、今回もゆっくりじっくりなお産になりました。

そして、次の日の早朝
来ましたビッグウェーブ!
一度の波に乗るとあとは早いはやい
あっという間に出てきてくれました。
長女と同じ時間帯
どうやら、うちの子達は徹夜明けの早朝出産が好きなようです。

今回も自分たちの選択で、あえて医療の介入しないお産をして感じたのは
赤ちゃんは生むのではなく、生まれるのだということ
もともと自然というものを持ち合わせているんだということ
小さなからだは、抱きかかえると大人以上のエネルギーを感じます。
これからも新しい家族とともに、我が家を宜しくお願いします!

これまで~古民家との出会い~

Posted コメントするカテゴリー: 暮らしのこと

築100年の古民家と出会う

敷地は荒れ家の状態も悪い、しかしなぜか惹かれるものがあった

新たな農地との開墾の歴史

農地はあるがほとんどが耕作放棄地、家とともに手入れを続ける日々

家も畑も手をかけて生まれ変わる

設計図はなく、手探りがいい加減

トライ&エラー、少しづつ手になじみカタチになる

 

これまで~農のある暮らしのはじまり~

Posted コメントするカテゴリー: 暮らしのこと

2014年南房総三芳に移住

最初の我が家は新規就農支援住宅

こじんまりした納屋付きの家から農のある暮らしのはじまり

茅葺きの長屋門がシンボルの農家レストランじろえむ

ここでの研修生活が農とともに生きる暮らしの原点

はじめての無農薬での米作り

機械の使用は田植えと刈り取りのみ、収穫後の乾燥も天日でのはざがけ

自らが作ったのではなく、自然とともになる